2019年3月21日(木)

            ワンセグ契約「義務ある」NHK勝訴が確定

            社会
            2019/3/13 17:12 (2019/3/13 17:54更新)
            保存
            共有
            印刷
            その他

            自宅にテレビがなく、ワンセグ機能付き携帯電話だけを持っている場合、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかが争われた4件の訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は13日までに、原告側の上告を退ける決定をし?#20426;?#22865;約義務があるとしたNHK勝訴の東京高裁判決が確定し?#20426;?/p>

            ワンセグ携帯の所持が、放送法が規定する放送受信設備の「設置」に当たるかが争点だっ?#20426;?#39640;裁判決は「受信設備の設置には携行することも含まれる」と判断。ワンセグ携帯だけを持つ?#26292;`スでも受信契約を結ぶ義務があるとして、原告側の請求を退け?#20426;?/p>

            NHKによる?#21462;ⅴ銃螗互?#25658;帯を巡る訴訟は計5件あり、4件が最高裁に係属してい?#20426;¥Δ?件で2016年8月、一審?さいたま地裁が「ワンセグ携帯の所持者に契約義務はない」との判決を言い渡したが、二審?東京高裁が取り消し、NHKが逆転勝訴し?#20426;?/p>

            NHKの受信料契約は1世帯1契約。訴訟では自宅にテレビがない場合が問題となっ?#20426;¥工扦?#22865;約済みの世帯が、ワンセグ携帯やワンセグ機能付きのカーナビなどを複数持っていても追加契約などは不要。受信料を巡る実務への影響はほとんどないという。

            NHKは「主張が認められた妥当な判断だと受け止めている」とのコメントを出し?#20426;?/p>

            保存
            共有
            印刷
            その他

            電子版?#21435;氓?/span>



            [PR]

            日本経済新聞社の関連サイト

            日経IDの関連サイト

            日本経済新聞 関連情報

            爱彩乐11选5