2019年3月20日(水)

            西鉄、AI使いバ?#24037;?#37197;車 三菱商事と実験

            サービス?食品
            九州?沖縄
            2019/3/13 17:15
            保存
            共有
            印刷
            その他

            西日本鉄道は13日、三菱商事と連携し、人工知能(AI)を活用してバ?#24037;?#37197;車?#24037;?#27425;世代型運行システムの実験を始めると発表した。4月下旬から福岡市の一部地区でまず1年間運行?#24037;搿?#21033;用者がアプリを使って配車を依頼?#24037;毪取Iが各バス車両に効率的な運行経路などを指示?#24037;搿?#20154;口減少が進む地域でも持続可能?#24335;?#36890;網の構築につなげる。

            このほど、三菱商事?#26085;?#21322;出資で専門会社ネクスト?モビリティ(福岡市)を設立した。予約?配車?#33775;Iのシステムは、カナダで同様の事業を手掛けるスペアラボ社のものを活用?#24037;搿?#23550;象地域に10人乗りのマイクロバ?#24037;?台走らせ、午前6時~午後10時ごろまで運行?#24037;?#26041;針。1日に1台当たり100人ほどの利用を目指す。

            福岡市東区の千早駅?#21462;?#20154;工島のアイランドシティ地区を結?#21046;?#36947;4キロメー?#21435;毪取?#21516;島内を運行地域と?#24037;搿%庭攻?モビリティが40~50カ所ほどの乗降場所を設定し、車両の位置や利用者の行き先に応じて適切な乗降場所を指定?#24037;搿?/p>

            料金は200~400円で、路線バ?#24037;去駿琺`の中間程度の価格設定という。支払いはアプリを通じたクレジッ?#21435;`ドのほか、電子マネー、現金でできる。

            19年度中に別の1地域でも実験を始める。1年間の運行で採算性などを検証し、継続も検討?#24037;搿?/p>

            保存
            共有
            印刷
            その他

            関連企業?業界 日経会社情報DIGITAL

            電子版?#21435;氓?/span>



            [PR]

            日本経済新聞社の関連サイト

            日経IDの関連サイト

            日本経済新聞 関連情報

            爱彩乐11选5