2019年3月21日(木)

            ボーイング新鋭機、欧州全域で運航禁止に 中東も追随

            自動車?機械
            北米
            2019/3/13 3:59 (2019/3/13 7:41更新)
            保存
            共有
            印刷
            その他

            【ヒュース?#21435;?中山修志】エチオピアで米ボーイング機「737MAX」が墜落した事故に関して、欧州航空安全機関(EASA)は12日、同型機の運航を欧州全域で停止させた。ボーイングは同日、「安全性には完全?#39318;?#20449;をもっている」との声明を出し、運航停止の広がりに懸念を示した。

            【関連記事】?#21435;楗螗?#27663;、ボーイング事故同型機の運航停止 大統領令

            米ワシン?#21435;?#24030;のボーイングの敷地内に駐機する「737MAX」=ロイター

            米ワシン?#21435;?#24030;のボーイングの敷地内に駐機する「737MAX」=ロイター

            EASAは協定世界時(UTC)12日午後7時(日本時間13日午前4時)に、欧州連合(EU)域内で737MAXの運航を停止させた。「乗客の安全を確保するために必要な措置」?#26085;h明している。すでに英独仏などの航空?#26412;證?#20491;別に国内の運航停止を決めていたが、EASAの決定により欧州域内の運航は全面的な禁止となった。

            中東の各国も12日、ボーイング737MAX機の運航停止を決めた。?#21435;毳長?#33322;空最大手ターキッシュエアラインズは「予防的措置」とする政府決定を受け13日から同型機を外すと表明した。

            AFP通信による?#21462;?#28286;岸のアラブ首長国連邦(UAE)、クウェー?#21462;ⅴ蕞`ンは737MAX機が自国の空域を使用することを禁じた。

            米連邦航空局(FAA)は11日に「737MAX」が引き続き運航要件を満たしているとの判断を示したが、米?#26412;證?#21028;断をよそに世界中で運航停止の動きが広がっている。安全性?#26410;_認に時間がかかれ?#23567;?#20572;止措置が長期化する可能性がある。

            ボーイングは12日の声明で「各国の航空?#26412;證?#33322;空会社は737MAXが自国市場に最適な航空機だと判断したと理解している」?#21435;償幞螗趣筏俊?#20107;故原因が不明な中で運航停止が広がっていることに懸念を示した。「?#26412;證?#33322;空会社が自信をもって運航できるよう引き続き情報収集に当たる」と述べる一方、「FAAは現時点で追加措置を求めておらず、今のところ提供すべき新たな事項はない」とした。

            一方、市場では事故の影響が今後さらに広がるとの懸念から、12日のボーイング株は6%続落した。

            【関連記事】
            ?エチオピアで旅客機墜落 搭乗の157人全員死亡
            ?ボーイング期待の小型旅客機、半年で2度目の墜落
            ?ハイテク機体に不備か ボーイング機、米も運航停止
            ?米ボーイング、事故機種の出荷停止 生産は継続
            ?[FT]ボーイング737MAX墜落、5つの疑問
            ?ボーイング、小型機戦略に暗雲 米?#26412;證?#23550;応焦点に

            保存
            共有
            印刷
            その他

            電子版?#21435;氓?/span>



            [PR]

            日本経済新聞社の関連サイト

            日経IDの関連サイト

            日本経済新聞 関連情報

            爱彩乐11选5